コンチキツアーとは・・・


 









コンチキツアーは超多国籍バスの旅。参加者は世界中から集まる旅好きばかり。年齢は18~35歳までと限定されているから、文化や言葉は違っても、同年代同士、すぐに打ち解けて仲良くなれるはず。旅が始まれば、まるで修学旅行のような雰囲気!
移動は一部のコースを除き、充電器等の最新設備が完備された専用デラックスバス。移動中のバスの中は色々なゲームやジョークでいつもにぎやか。音楽を聴いたり、映画を見たりしながら、長い移動のある日でも楽しく快適に過ごせます。宿泊先はエコノミータイプのホテルが基本。春夏限定のヨーロッパ方面へのツアーでは、古城、ロッジ、キャビン、キャンプなど、ツアータイプによって宿泊スタイルもバラエティ豊か!
コンチキツアーは1人参加追加料金なし!同じツアーに参加する同性の方と相部屋なので、女性の1人旅にも安心。また多くのメンバーが1人で参加しているので友達も作りやすい。恥ずかしがらず、勇気を出して話しかけてみよう!
国際色豊かな旅だから、観光地での説明も、ツアーメイトとの会話も共通語は英語。「英語漬けになりたい」「もっと自分の英語を磨きたい」と思っている人には、教科書には載っていない生きた英語を学ぶ絶好のチャンス! また、英語が苦手という人でも、ツアーマネージャーがしっかりとフォローしてくれるので安心。英語を母国語としない国からの参加者もいるので、「間違ったらどうしよう」なんて考えずどんどん自分から話しかけてみよう!
コンチキツアーの朝は早く、夜は遅い。参加者は皆アクティブで、昼は観光、夜はレストランで話をしたり、クラブやバーでお酒を飲んだり、ダンスをしたり…。またツアー中、様々なオプショナルツアーが用意されています。バンジージャンプ、乗馬、ダイビング、ゴンドラ遊覧、ワインテイスティング、ラフティングなど、都市により種類も様々。グループツアーだからこそ、通常よりもリーズナブルな価格で楽しめるのも魅力!
出発前からツアーまで、申込み前に知っておきたい気になる質問にお答えします。

Q1.

ツアーの予約はいつ頃すればいいのですか?
A1. 遅くとも、日本を出発する2ヶ月前には予約をした方が良いでしょう。欧米からの参加者は、3ヶ月以上前から予約をする人も多く、人気の高いツアー(とくに夏期限定のコース)は早くから満席になりやすいため、早めのお申込みをおすすめします。どうしても、申込みが遅くなってしまう場合は、お気軽にご相談下さい。
Q2. 一人で参加しても大丈夫ですか?
A2. 基本的に1人で参加している人が多いので、友達同士の申込みでなくても、現地で友達をつくっちゃおう!多くのコースでは、ツアー出発前夜または当時に、参加者が勢ぞろいするミーティングもあるので、自分から積極的に接すれば大丈夫。ツアーマネージャーも参加者全員が旅を楽しめるように、色々な工夫をしてくれるので安心です。
Q3. 英語に自身がありません。平気でしょうか?
A3. 英語は少しでも話せるにこしたことはありません...が、流暢に話せないからといって、変な躊躇は禁物です。思ったことはどんどん口に出してみよう。自分の気持ちを相手に伝えたいという気持ちがしっかりあれば、コミュニケーションも取れるはず。積極的にはっきりと話し掛けてみよう。外国では独立心を尊重するので、黙っていると「話しかけて欲しくない」と認識されてしまうことがありますので、勇気を持って話しかけて!
但し、集合時間や集合場所の案内ももちろん英語です。わからなかったことは、必ずツアーマネージャーやツアーメイトに再確認しましょう。
Q4. オプショナルツアーの申込みは?
A4. ツアー開始後にバスの中で参加したいツアーに名前を記入すればOK。あとは、ツアーマネージャーに代金を支払えば申込み完了です。基本的に現金でのお支払いになります。
Q5. お小遣いはどの位持って行けば良いの?
A5. 1>食事代
まずは、パンフレットで食事が何回含まれているかを確認してみましょう。そこから逆算して、ツアーに含まれていない食事の回数を計算。あとは行く国によって物価は様々ですが、基本的には日本で外食をした場合と同じ程度で計算をしておけばよいでしょう。
例)朝:500円 / 昼:1,000円 / 夜:1,500円程度 (飲み物代含まず)
2>オプショナルツアー代金
ツアー日数やどの程度参加されるかによっても異なりますが、合計額で平均2~4万円程度使われているようです。ご出発前にお渡しする日程表にオプショナルツアーのリストがついていますので、概算費用がご確認いただけます。
3>それ以外の雑費
上記以外では、食事に出かけるときのタクシー代や飲食代、お土産代などを計算に入れて考えておくと良いでしょう。チップの習慣がある国ではチップのことも忘れずに。
Q6. 私の参加するツアーには、査証(ビザ)は必要ですか?
A6.

入国する国によって必要になる場合があります。国によって、申請から取得までに要する日数や必要書類が異なりますので、大使館に最新の情報を確認しましょう。


コンチキツアーを含めた、
海外発着ツアーの体験談集へは
バナーをクリックしてください。
体験者の生の声をお届けしています。

ツアー中の日々を綴ったダイアリー。
コンチキツアーを含めた海外発着ツアーの
読み応えたっぷりの旅行記へは、
バナーをクリック!
       

       

       

WAYS TO TRAVEL: コンチキ8つのトラベルスタイル

一度にたくさんの都市を訪問したい!各都市じっくり巡りたい!とにかく短い期間で旅をしたい・・・等、旅行者によって求める旅のスタイルは様々。CONTIKIでは自分好みにあった旅が選べるよう、8つの【トラベルスタイル】から探すことができます。
トラベルスタイル 特徴 方面
DISCOVERY PLUS コンチキツアーの最も人気で定番のスタイル。
少しずつできるだけ多くの国や都市、観光名所を巡りたい、沢山のことにチャレンジしてみたい、という方にオススメ。
人気のエリアを周遊するコースが中心。
・ヨーロッパ
・北米
・オーストラリア
・ニュージーランド
・アジア
・中南米
IN-DEPTH EXPLORER 多くの場所を巡るよりは、1-2カ国の限られた都市をじっくり観光したい方に。 ・ヨーロッパ
・北米
・オーストラリア
・ニュージーランド
・アジア
・中南米
HIGH ENERGY 昼も夜も、より賑やかに楽しく旅をしたい方に。
ヨーロッパではコンチキのお客様限定!独自のユニークな宿泊施設にも滞在。
・ヨーロッパ
・北米
・オーストラリア
・中南米
EASY PACE 各都市2・3泊ずつ、ゆったりとしたペースで周遊旅行を楽しみたい方に。
自由時間もとりやすいので、オプショナルツアーに参加したり、個人で観光スポットを巡ったり、ビーチでリラックスなんてことも。
・ヨーロッパ
・北米
・アジア
・中南米
FREESTYLE CAMPING キャンプやアウトドア好きの方におススメのテント泊プラン。
予算や目的に合わせて2つのタイプ!
ツアー毎に専用の料理スタッフが同行し、食事をサポートします。
春夏限定コース。寝袋とタオルが必要。
・ヨーロッパ
SAILING & CRUISE バス旅ではなく、クルーズやセイリングを楽しみたい方に。
クルーズ船自体の運営はコンチキではありません。
乗船できる人数があまり多くないので、早めの予約が必須です。
・ヨーロッパ
・オーストラリア
WINTER & SKI 海外でスキーやスノーボードなどのウインタースポーツや、冬景色を楽しみたい方に。 ・ヨーロッパ
・北米
・ニュージーランド
FESTIVALS & SHORT STAYS お祭り・イベント好きな方や、短期間で参加できるツアーをお探しの方に。
各国のフェスティバルやその土地特有のイベントに参加するスペシャルツアー。
・ヨーロッパ
・北米
・オーストラリア
・ニュージーランド
・中南米

WAYS TO STAY: ヨーロッパの宿泊タイプ

140以上もあるコンチキ・ヨーロッパのコースでは、ホテル以外にも様々な宿泊施設をご用意。こだわりの【宿泊スタイル】からツアーを選ぶこともできます。
※コースによっては、ツアー中アイコン以外の施設に宿泊する場合もあります。ツアー日程をご確認いただくか、お気軽にスタッフ迄お尋ねください。
ホテル
ホテル
ツーリストクラスのホテルを利用。コンチキツアーの定番宿泊スタイルです。基本2人相部屋ですが、一部コースを除き、3人相部屋でツアー代金の5%割引も可能。無線LANが利用できる(有料・無料)ホテルもあります。タオルは基本的にホテルに備え付けてあります。
ホステル
ホステル
多くのバックパッカーが節約のために利用する基本相部屋のホステルを利用。快適さというよりもバジェット重視の方にオススメ。
タオルの持参が必要です。
キャンプ
キャンプ
アウトドアは好きですか?リーズナブルな旅とアドベンチャー気質を求めている方は、こちらのアイコンが目印です。ツアーメイトと一緒にテント張りや食事の用意などをすることで一体感が生まれ、他のツアーよりも仲良くなれるかも?
寝袋・タオルが必要です。
スペシャルストップオーバー&キャビン
コンチキ所有の
キャビンや古城
コンチキ社所有の特別な施設に宿泊。各コンチキ施設では、専属スタッフが皆さんをサポート。コンチキのお客様限定施設なので他のコンチキツアーに参加している仲間と出会えるかも。コンチキ・スペシャル・ストップオーバー(CSS)では、フランスのシャトー(古城)やスイスのシャーレー、ローマのコンチキビレッジ(キャビン)など。ユニークな宿泊体験をしてみたい方にオススメ。
寝袋・タオルが必要です。
クルーズ船
クルーズ船
夢のクルーズ体験!いつもと違う旅行にしたい方、海を見ながらリラックスしたい方にピッタリです。
コンチキのお客様のみが乗船する貸切タイプの小さな目のセイリング・ボートのコースと、一般のお客さまも乗船する、大きなクルーズ船を利用するコースがあります。

ページトップへ

Like it? Share it.... . .

  • Delicious
  • Digg
  • Reddit
  • StumbleUpon