語学留学よくある質問

「いざ語学留学へ」とやる気は十分だけど、初めての海外、初めての語学留学、初めてのホームステイ・・・と、初めてづくしの経験を目の前にすると、何かと不安は尽きないもの。現地の生きた言葉に触れながら生活するという、日本ではなかなかできないチャンスを最大限に生かすため、少しでも不安に感じていることは早いうちに解消しておきましょう!



研修先では、外国人のための学校なので国籍は様々ですが、欧米、オセアニアでは多くの日本人が学んでおり、特に夏休み(8月~9月)や春休み(2月~3月)は一時的に日本人の割合が高くなります。近隣諸国からの学生が多い傾向があり、オセアニアでは東南アジア、北米では南米、イギリスではヨーロッパ大陸からの学生が多く学んでいます。日本人の数にとらわれず、自分の行きたい国、都市、コース内容を重視して選ぶことをお勧めします。



もちろん可能です。語学留学パッケージ(STEP)に掲載しているコースの学校はもちろん、その他多数のお取扱いをしております。お見積もりやご質問など、お気軽にお問い合わせください。


短期・長期の学生が入校可能な私立の語学学校と、長期留学を考えている方向けの大学付属の語学学校に分けられます。私立学校の多くは頻繁に学生の受け入れを行っているため、毎週入校することが可能です。一方、大学付属学校では、入校日が限られているため、より長くキャンパスライフを楽しみたい方や、将来的にその大学への進学を考えている方に特にお勧めです。STA Travelの語学研修パッケージ(STEP)では、短期でも大学キャンパスの雰囲気が味わえるコースもございます。


現地調達が難しいもの以外は、荷物を持ち過ぎるのは避けた方が良いでしょう。持っていくと便利だと言われているものとしては、電子辞書や変圧器、留学先によっては虫さされのかゆみ止めなども重宝します。また、医薬品などは、普段日本で使い慣れているもの持っていくことをお勧めします。


必ずしも必要というわけではなりません。ただ、自分たちの文化も知ってもらう為の一環として、例えば簡単な日本食を作ってあげたり、あまりかさばらないものを日本から持って行くのも良いでしょう。

Like it? Share it.... . .

  • Delicious
  • Digg
  • Reddit
  • StumbleUpon
短期語学留学トップ

 計画からご出発まで
● 現地到着からご帰国まで
● 語学留学よくある質問
● 「海外語学研修」ご参加にあたっての注意事項


ヨーロッパ
● ロンドン+ヨーロッパ7ヵ国周遊バスの旅
● オーックスフォード・インターナショナル ロンドングリニッジ校
● ランゲージリンク ロンドン
● ウィンブルドン インターナショナル オブ イングリッシュ

● シュプラッハカフェ・マルタ校
● OHCダブリン校
● シュプラッハカフェ・マドリード校

カナダコース
● バンクーバー+インターンシップ体験
● ユーロセンターズ・バンクーバー校
● インリングア・バンクーバー校
● ユーロセンターズ・トロント校
● ウエスタン タウン カレッジ for ESL校
● SCジオス・ビクトリア校
● SCジオス・モントリオール校


アメリカ
● ロサンゼルス英語+選べるプログラム(ハリウッド)
● ロサンゼルス英語+選べるプログラム(ウエストウッド)
●  パインマナー大学付属英語学校
● SCジオス・ニューヨーク校

● セントラル パシフィック カレッジ(ホノルル)

オーストラリア
● シドニー英語研修+エアーズロック
● メルボルン英語研修+エアーズロック
● インフォーラムエデュケーション(ゴールドコースト)
● シャフストンインターナショナル・ブリスベン校
● アクセス ランゲージ センター(シドニー)
● バートン インターナショナル カレッシ(シドニー)
● ILSC・メルボルン校
● ユー スタディ インターナショナル カレッジ(ケアンズ)


ニュージーランド
● ワールドワイド オブ スクール オブ イングリッシュ(オークランド)

● インターンシップ付/クラウンインスティチュートオブスタディーズ(オークランド)

アジア
● ZAイングリッシュアカデミー/ビサヤ大学付設キャンパス(セブ)
● イングリッシュフェラ2・スパルタキャンパス(セブ)
● セラ・ユニキャンパス(セブ)
● ラザック大学付属英語学校(クアラルンプール)

カテゴリーから選ぶ

|_ 英語研修+plus
|_ スタンダード語学研修
|_ 大学キャンパス内で学ぶ
|_ グループ+マンツーマンレッスン